そして中学生。

TV番組
「Pops in picture」で
10cc、GENESIS等がオンエアーされ
すっかり虜になりながら
前述の洋邦アーティストも
全然、違和感無く聞いていた。

「ヤングミュージックショウ」の
KISSも衝撃的だった。

思えば
この頃からすでに何でもあり(笑)!

なんでもありと言えば、
夏休みに朝から月金で
加山雄三の映画
「若大将シリーズ」を一挙放送。

暇なもんだから
すっかりハマっちゃって…
それを機に
これまた洋邦問わず
「懐メロ」を聞き出した!

ポール・アンカ、ニール・セダカ、
プレスリー、フランク・シナトラ、etc…
で日本のGS全般。

でも私は
「青春デンデケ・デケデケ」の様に
エレキには魅了されず、
そのメロディーに惑わされたんだなぁ!


 

音楽的プロフィールには無関係だけど
中学3年間、剣道部に所属してて
その頃の同級生部員達と
練習終わりに狭い部室で
竹刀をギターやマイクにして
BAY CITY ROLLERS や Queenを
バカみたいにマジメにハモって歌ってた。

奴らとは
いまだにあの頃のままって感じで
たまに会っても時間が止まってる。

嬉しい!

で、2年になり
同じクラスにフォークギターの
凄い巧い奴(T君)がいて、
女子から羨望の眼差しを受けていた。

私は早速、
彼に教えを乞い
音楽に理解のある母に懇願し
アコギを手に入れる。

「YAMAHA FG-150 」
なんと近所のスーパー「ライフ」の
レコード店の片隅の楽器コーナーで。

今でも大事にとってれば、
かなり良い音するんだろうなぁ…

何処へ???

はじめに弾けたのが
小椋 桂の「さらば青春」。

G-Em-C-D7だから(笑)。

とにかく寝ても覚めても
トイレでもギターを、
あの「F」コードを
鳴らしきる為に抱えてた!

それからは、
もうフォーク三昧で
陽水、風、アリス、かぐや姫
等を師匠と弾き語りよ!

個人的には
BEATLES のラバーソウルの曲や、
S&Gなんかをコピーしてたけどね。

「Black Bird」が
弾けるようになった時は
かなり嬉しかったね。