その時すでに私は小5か6?
ただではOKを出さず
何故か学校のテストで満点をとったら
レコード1枚という
今思えば何ともリスキー(親にとってはダブルOK!)な
公約を取り付け、続ける事に。

それで初めて買ったレコードは
確か、THE BEATLES「Magical mistery tour」
しかも輸入盤。
しかもジャケ買い!

当時
このアルバムのジョンの曲
(「I am the Walrus」「Strawberry Fields」etc…)は
恐くてとばして(今はこっちが良いねぇ!)
もっぱらポール派だった。
まぁ、小学生だからね…

かなりのませガキっぷりな選択だが、
この頃は兄の部屋(私は侵入禁止)
から聞こえてくる音楽の影響が大きく、

洋楽では
BEATLES,Wings,Queen,Eric Clapton,S&G,etc…
邦楽は
TULIP、off course、井上陽水、かぐや姫、etc…
なんかが好きだったかな。

とりわけ兄が
「いとしのレイラ」を何回も何回も聞いていたので、
後半のピアノパートを耳コピしたなぁ…

ませガキっぷりは音楽だけにはとどまらず、
ロンゲに白デニムの上下(しかもパンタロン)
柄シャツ、でかいバックルのベルト
Hi-cutのコンバース。
なんて格好を平気でしてた
(いや、させられた?)…
笑わしよるなぁ!

後はラジオ。
AM、FMも雑誌「サウンドレコパル」で
エアチェック(古!)
ラジカセで録音してた。


 

BAY CITY ROLLERS の
「Bye bye Baby」が聞こえてきた時、
彼らだとは知らずBEATLESだと勘違いし
探しても無く、
結局行きつけのレコード店(笑)
で口ずさんで彼らと判明!

イギリス盤の輸入盤をゲット!
後に彼らは世界的に大ブレーク。
特に日本で人気を博し、
社会現象になるほど。

タータンチェックを身にまとい
熱狂するティーンエイジャーが急増した。

でも、
初めて行ったコンサートは小6の時、
ラジオの深夜放送「サタデーバチョン」で当たった
「山口百恵」。